読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It’s april fiction!!

てきとうなことを書く

ガルクレセ思考(コピペ)

思考整理

今まで、ガルクレセを使う時はほとんどの場合下記の構成で使用してきた。
ガルーラ:陽気AS ねこ/捨て身/冷p/地震
クレセリア:図太いHB サイキネ/毒/月の光/スワップor電磁波

これは僕の基盤的なもので、 この並びから裏を考えていくことが多かった。

それぞれの構成と理由について説明すると、 
ガルーラは大体のPTに選出できるが、その中でもっとも選出しやすく勝ち筋の見出しやすい構成は何か考えた結果、
積み系統への回答となり、自信の突破性能を上げれる猫+最大範囲の取れる捨て身
鉢巻竜に対する回答+突破力の底上げを見込める冷凍パンチ 
最後に鋼に対しての安定打点として地震としている 

配分についてはAは広範囲を縛る、削ることが重要な為振り切るのは確定 
Sは最速を取ることで選出画面でルカリオに対して怯まず選出できる点、何より相手のガルーラに強いという情報アドバンテージ(?)的なものを選出時点で持てる為、相手のガルーラからの被害を最小限に留めることができる事を考えて最速
基本的に相手のガルーラ入りに対してサイクルをするなら有利な駒2枚は選出できないと話にならないと思う

クレセリアについては役割破壊されないというのが一番信頼の置ける点で、大体は見た目で負けるとわかる相手にしか負けない
これは、サイクルを形成するのに重要な要素だと思う。 
その上でクレセリアの勝ちたい相手にできるだけ強くすることを考えると、 
汎用打点のサイキネ
回復ソースとなる月の光 
サイクルを回す上で重要なダメージソースとして毒々
最後にグロパン+捨て身以外のガルーラに勝てるようにスキルスワップとなった 

クレセリアに関して言えばサイキネ月の光毒々の3つだけでは完結しておらず、4つ目のサポート技の有無で信用はかなり変わってくる スワップがあれば相手のガルーラやピクシーその他有効な相手に対して比較的安定した処理ルートの一つとして見れる 
電磁波があれば辛いゲンガーや身代わりの無い積みポケモンの足止めなどができる 
しかし、この枠に三日月を採用してしまうと、ただでさえ掛けれる負担が少ないポケモンなのに味方を回復させるだけになってしまう そして、このポケモンに三日月を採用できない最大の理由は、決定的エースがいない為サイクルできなくなった時点で大体負けるという所にある 


要約すると、ガルーラはPTの中で一番強いため、できるだけ選出しやすく尚且つ活躍できる構成、配分 
クレセリアはガルーラを意識した上で副産物の一番大きいスワップを採用した3W

そして、ガルクレセとは言うものの、シナジーは単なる相性補完しかない 

理想展開はガルーラで一匹落として3-2から詰めることだが、当然そう上手くいく展開もシーズンが進むごとに減って行く一方で辛い・・・・


立ち回りや他の4枠に関しても触れたかったが、それを書くと膨大な量になりそうだったので終わり



ってかみんちゅ様が言ってました