夢心地

てきとうなことを書く

ガルカグヤ

ゲンガーで弊害となるポケモンとの1:1交換から2:2の状態でガブカグヤを通す。

戦術自体は6世代の殺スタンやCDG4を彷彿させるが現環境でガブやカグヤを通しやすい状況をつくるということはそのまま全抜きに繋がる。

 

 

無論1枠には6世代同様ストッパーであり崩しの要素を備え持つガルーラが採用されるのではないかと考えている。

ガルーラ+カグヤ+α(決定力、崩し)

 

コケコ入りのサイクルまたはコケコに強いサイクル(電気や鋼)が多い環境では決定力のあるガブを通せる状況をつくることが1番勝利への近道だと考える。

 

受け性能があり嵌め性能を持つテッカグヤは2:2の状況下での詰めにかなり適している。

6世代のクレセリアのようなポジションを担っているようにみえる。

 

 

 

積みへの回答

ガル+カグヤorガブ+α(決定力、崩し)

 

サイクルへの回答

ゲンガーor崩し+カグヤ+ガブor崩し

 

 

現環境はこれで完結していると個人的には思っている。